2013年08月07日

第3期名人戦七番勝負 第3局

第3期名人戦七番勝負 第3局

前局は王手を掛けることなく、敗れてしまいましたが
本局は十分に時間をかけて勝負したところ・・・

第3期名人戦七番勝負 第3局


前局同様に右美濃でくると思われたが、いつもの右翼に構えてきた。
飛車角交換となり、四間飛車として大駒が捌ければ十分である。
中盤から終盤にかけて、先手番に攻められたが、逃げ方を間違わなければ後手十分。
最後は香車で難なく勝利をものにした。

posted by 月下の棋士 at 22:21| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 名人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。