2013年05月27日

第2期王将戦七番勝負 第4局

第2期王将戦七番勝負 第4局

将棋倶楽部24で散々な結果。
今日も一局指し、相手の切れ負けを拾った感じです。
さて、二人気きりのタイトルせんですが・・・

第2期王将戦七番勝負 第4局


4番打者こと、長州名球会の戦積(レート)が1400を行ったり来たりと
振るわないようで、実力として、こんなもんなんでしょうね。
みんな、レベルが高い!

さて本日はオイラが先手番で向飛車で本美濃で対抗。
どうも、序盤の駒組みが24と同じように失敗つづき、
またもや、中央突破からの入玉を果たしての逆転勝利となった。
言い換えれば、4番打者さんの寄せの悪手が続いてしまっているようで・・・
後手番の敗着は106手目の5六歩で6九の馬を7八馬を指したならば
負けていたでしょう。
ともかく、大駒を渡しての勝利は4番打者さんのショックは大きいのでは?

これで、王将の王手となり、2連覇まであと1勝
posted by 月下の棋士 at 22:48| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 王将戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。