2013年04月25日

名人戦七番勝負 第4局

名人戦七番勝負 第4局

今期名人戦に王手!
4番打者さんからの提案で時間無制限から20分、1手につき+3秒の持ち時間制。
単純計算で終局数120とすると、1手当たり23秒でその後は3秒以内で指さないと負けとなる。
ちょっと、厳しいので20分の+10秒で指すこととなった。


名人戦七番勝負 第4局


あまり時間制限の経験がないのでせめて本来はNHK杯ルールで指したいのですが・・・
序盤から持ち時間を増やすため、ノータイムで指すが序盤まで駒音がしない!
あれれっ、スピーカージャックが外れていました。
これでちょっと、ロスしたかなぁ〜
さて本局、序盤に大きなミスを52手目5五歩に対して4七銀、飛車が死んだ!
と、思いきや5四銀のところ、5五銀で飛車は命拾い。
これも持ち時間制のためか、お互い疑問手を指してしまう。
あとは、いろいろチョンボはあったものの、圧倒的な持ち駒で勝利となった。
これで初代の名人となり5冠。残すは竜王!!!

posted by 月下の棋士 at 22:35| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 名人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。