2013年04月12日

王位戦 七番勝負 第1局

王位戦 七番勝負 第1局

タイトル戦、これまで5分とお互いに2冠を保持。
これからの王位、名人、竜王と3タイトルが真価を問う対局ですね。

まずはこの王位のタイトル奪取で3冠とし、第一期の最多タイトル保持者に王手!をかけたいところ。


王位戦 七番勝負 第1局


最近、負け越ししている居飛車で今局も不調を打破したく飛車先を突く。
囲いが完成し3筋からちょっかいだしたら、後手の銀2枚が4筋の位まで上がってきてしまった。
しかし、この局面では歩1枚駒得、陣形もしっかりと囲んでいるので若干、先手オイラ有利だろう。
所々、疑問手があったものの83手目では勝勢の判断、あとはジワジワ攻め落とそうとした矢先、
4番打者さんの角が・・・これでは勝負にならないと思ったのか「投了!」。
まずは先勝しましたが、寄せが甘いのか25手のも間、形勢が勝勢のまま、
疑問手4、悪手が1という評価でした。
 
posted by 月下の棋士 at 23:08| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 王位戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。