2013年04月16日

王位戦 七番勝負 第3局

王位戦 七番勝負 第3局

棋王戦以降、1−2の割合で負け越しているので少し、戦法を変えて・・・

王位戦 七番勝負 第3局


向かい飛車戦法。
ちらっと羽生先生の本を見て、指してみよう・・・
(しかし、「羽生の法則B」を読んでから、調子が悪い!?)

それなりに形はなったが左金は5八が良いらしい。
19手目は角ではなく飛車でいくのが定跡。
それよりも長考している割には盤面を広く見られず、龍をただであげてしまい、
勝負あり、56手の最短の負けとなってしまった。

これじゃ〜 4番打者さんに申し訳ない。。。。
最近、アルコール量が足りないのかなぁ〜

posted by 月下の棋士 at 21:54| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 王位戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

王位戦 七番勝負 第4局

王位戦 七番勝負 第4局

今局を落とすと4番打者さんに王位に王手!が掛けられる、
崖っぷち状態でしかも、後手番と来たもんだ・・・

王位戦 七番勝負 第4局


昨日は相手にされない位の大敗で将棋を指すのも、めげる位のショックでした。
気を取り直し、矢倉を早く囲いところ、その前に飛車先を伸ばして銀か角の拘束を図る。
本来ならば4ニ角で十分な矢倉といえるのだが、
急戦好みの4番打者さんはそれをとがめにいったつもりが・・・
棋王戦でやられた棒銀はすでに対策済み!!!
飛車角、金銀銀交換で若干の駒得ではあるが、じっくりと構えたいところ。
しかし、金銀銀で攻めにきた。
頓死の多いオイラは駒損しないよう長考しながら回避・・・
あとは、攻めやぐんだ4番打者さんが自滅したかっこうとなる。
今局、お互い端歩を突かなかったのはやはり、激しい戦いを物語っているのはないでしょうか?

posted by 月下の棋士 at 22:48| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 王位戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

王位戦 七番勝負 第5局

王位戦 七番勝負 第5局

タイトル戦で第5局までもつれ込むのは初めて。
王位に王手!をかけるのはどちらか!?

王位戦 七番勝負 第5局


こちらが先手番だというのに、4番打者さん先手に座っちゃった・・・
今夜はアルコールが入りすぎなのかなぁ〜

34手目の4二金が後手の悪手かつ敗着手でこの時点で形勢は勝勢だったが、
長考する割りには寄せが甘い月下の棋士。
勝勢となってから70手かけての勝利となった。
4番打者さんは何回、トイレに行った事か?

これで、棋王戦以来の連勝。
王位に王手を掛けることができたのは、うれしい!
今夜はゆっくりと眠れますね(笑)


posted by 月下の棋士 at 22:31| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 王位戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

王位戦 七番勝負 第6局

王位戦 七番勝負 第6局

王位に王手!そして久しぶりの連勝を少しでも伸ばしたいところですが・・・

王位戦 七番勝負 第6局


4番打者さんのPCがバグったらしく、なかなかいい感じだっただけに
本局もその勢いでいきたいところ。
相手の指し手を警戒つつも駒組みを進ませているうちに48手目には
歩が4筋の位までせり上がり、バランスが悪いが先手に圧力がかかっているはず。
2筋、3筋の攻めをしのいだが、3五金が浮いてしまった。
が、73手目の4四歩が先手の悪手で金を取られても。相手飛車の進撃を阻止出来そう。
また、79手目の5三金が敗着手だったようで、4六桂ならば違う展開になったと思われる。
あとは長考、しなんとか勝利!これで王位を獲得!

これで四冠、タイトル戦の勝ち越しまであと1で次回は名人戦。
竜王の方が格が上ということですが、自分としてはやはり名人が最高峰のタイトルでは!
と思いつつ名人を目指して精進!!!

posted by 月下の棋士 at 23:10| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 王位戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

成績表の変更と確認


今週から名人戦七番勝負が始まりますが、
その前に

これまでの戦績まとめ(順次更新)」の成績表を変更しました。

連勝記録の表示と先後の勝率を追加し、レートは削除。
レートに関しては、原則的に4番打者さん以外の方々とは対局しないので、
削除しました。また、ヤフーモバゲ将棋自体のレート数値への信憑性には
「将棋倶楽部24」と比較し若干の疑問もあるので。

4番打者 VS 月下の棋士 成績表
対局者名全 34 対局勝 率連勝記録先後勝率
4番打者13 勝21 敗0.3823連勝先0.571
後0.333
月下の棋士21 勝13 敗0.6187連勝先0.667後0.429
4月19日現在

追加項目は連勝記録と先手番、後手番の勝率を加えました。
これらはエクセルで算出しています。

勝率xsl.bmp

データを見ると後手番での勝率がお互いに5割を切っているのには、
改めて先手番が有利とみるしかないでしょうね!
4番打者さんが以前に後手番の方が指しやすいと言っていたが、
実際は勝率0.333、先手番では0.571とデータ上では先手番の方が良かったんですね。

王将戦途中より、先後交互制となったので本当の実力差はと・・・・
計算し直すと、8勝8敗で互いに3連勝とまったくの互角でした。

成績の数値では上でしたが、実際の対局で4番打者さんが強いという印象の
裏づけは、こういうところに来ているんですね。


posted by 月下の棋士 at 10:14| Comment(0) | 将棋 自戦記 戦績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

名人戦七番勝負 第1局

名人戦七番勝負 第1局

土日のお誘いにのれず、申し訳ありませんでした。
ともかく、本日よりタイトル戦もいよいよ大詰めです。
たった二人っきりのタイトル戦ですが  www


名人戦七番勝負 第1局


王位を獲得したので、名人戦は後手番からの始まりです。

先手番の4番打者さんの初手は・・・
なんと、4八銀!!?? せっかくの先手なのに機動力のある飛車先、角道を通さずに。
何か新手でも指すのでしょうか?って感じでした。
結局、4筋への急戦を持ち込んだ後手4番打者さん。。。

角狙いの3二銀で桂馬を取られて4五に打たれると思いきや!
成銀がよってくれ、桂馬の打ち込みをなくすために2七角を打つ。
そして、金が玉側に寄ってくれ、銀の打ち込みが可能となる。
あとは王手かけられることなく、圧勝でした。
「どうしたんですか?」とチャットコメント入力・・・
これで、後手番での勝利率が5割となり、4連勝。
ただ、4番打者さんのレートが1300台まで、落ち込んだのは明らかに、
強い方々との対局で負け癖がついたのかなぁ〜
posted by 月下の棋士 at 22:27| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 名人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

名人戦七番勝負 第2局

名人戦七番勝負 第2局

巷でも、名人戦をやっていますけど、
こちらの名人戦は低級の名人戦です・・・


名人戦七番勝負 第2局


序盤、角銀交換でお互い飛車が成り込んでから、まったくやり手なし。
約2時間15分も掛けて、長考しながらというか、何をやっていいのやら・・・
しかし、自陣にいた相手の龍を閉じ込めてからはこちらの方が優勢となり、
慎重に寄せて、これで名人戦は2勝目、そしてトータル5連勝!!!

おたがい、お疲れ様でした・・・
posted by 月下の棋士 at 23:24| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 名人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

名人戦七番勝負 第3局

名人戦七番勝負 第3局

本物名人戦は森内名人が第2局も勝利した。
羽生3冠はどうしたんですか? そして、4番打者さんも・・・


名人戦七番勝負 第3局


昨日の熱戦に引き続き、本日も・・・
駒組みで振り飛車、中飛車、向かい飛車と目まぐるしく、
飛車を振るものの、どうも捌けず、とりあえず相手の飛車も
2、3筋から攻め込まれないようにするが、角も全然はたらきが悪い。
先手の4番打者は歩切れで、持ち駒が無い状態なので、
118手目に王手飛車を狙った、桂打で勝負あり!
これで名人戦に王手となった。名人になったら、4番打者さんに「名人」と
呼んでもらおうかなぁ〜

posted by 月下の棋士 at 22:38| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 名人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

名人戦七番勝負 第4局

名人戦七番勝負 第4局

今期名人戦に王手!
4番打者さんからの提案で時間無制限から20分、1手につき+3秒の持ち時間制。
単純計算で終局数120とすると、1手当たり23秒でその後は3秒以内で指さないと負けとなる。
ちょっと、厳しいので20分の+10秒で指すこととなった。


名人戦七番勝負 第4局


あまり時間制限の経験がないのでせめて本来はNHK杯ルールで指したいのですが・・・
序盤から持ち時間を増やすため、ノータイムで指すが序盤まで駒音がしない!
あれれっ、スピーカージャックが外れていました。
これでちょっと、ロスしたかなぁ〜
さて本局、序盤に大きなミスを52手目5五歩に対して4七銀、飛車が死んだ!
と、思いきや5四銀のところ、5五銀で飛車は命拾い。
これも持ち時間制のためか、お互い疑問手を指してしまう。
あとは、いろいろチョンボはあったものの、圧倒的な持ち駒で勝利となった。
これで初代の名人となり5冠。残すは竜王!!!

posted by 月下の棋士 at 22:35| Comment(0) | 将棋 自戦記 タイトル戦 名人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。